自転車保険に入っておくメリット|想定することが大切

理想の家計とは

ファイナンシャルプランナーの家計診断を通じて、保険や通信費などを見直すのが、30代の世帯が毎月の支出をスリムにするコツです。一方で専業主婦がパートで働いて収入を増やすことで、暮らしを豊かにしたり、住宅資金も準備できるでしょう。

説明

保険はお金のプロに相談

大阪ではフリーのファイナンシャルプランナーにライフプランニングをしてもらい、自分の収入や状況に合う保険を紹介してもらう人が増えています。人生の節目に相談することでしっかりした人生設計ができるので人気となっています。

身の回りの事故の為の保険

自転車

自転車以外でも補償される

最近は自転車が通行人にぶつかってケガをさせたり、死亡事故を引き起こす事例が増加しています。被害者やその家族が莫大な損害賠償を請求したりして、社会的に問題になっています。このような自転車事故を想定してできたのが自転車保険です。車に自動車保険があるように、自転車の利用者は万一の場合に備えて任意で自転車保険に加入できるのです。自転車保険には自分が乗っていてケガをした時に補償される傷害補償と、第三者に被害を与えた場合の個人賠償責任補償の2つの側面があります。保険会社によって色々な自転車保険が発売されていますが、その多くは自転車事故だけを対象にはしていないのです。自転車保険についている傷害補償には、交通乗用車に起因する事故を対象にしているのです。そのため自転車以外の乗り物で事故に遭った場合にも補償されるようになっています。例えば電車や自動車や飛行機や船舶での事故でも補償が受けられます。また個人賠償責任補償についても自転車以外の事故でも補償されるようになっています。例えば飼い犬が第三者を咬んでケガさせたとか、キャッチボールのボールが当たってケガさせたなどです。このように身の回りの事故にも対応しているのが自転車保険なので、加入する人が増えているのです。自転車による事故は、補償する事例の代表的なものということです。死亡事故を引き起こした場合は億単位の損害賠償を請求されることもあるので、補償金額は1億円ぐらいにしておいた方が安心です。